庭
  1. ホーム
  2. 森林の管理

森林の管理

切り株

木を切り倒すと聞くと、環境破壊などのイメージを持つ方が多いでしょう。ですが、間伐をすることで環境を守ることができるのです。山などの土地を持っている方は、業者に作業を依頼することで森林を守ることができるでしょう。森林の役割りは人間の生活と密接に関係しています。森林の手入を怠ると、山崩れや皮の反乱などの自然災害を招いてしまうのです。ですが、素人に森林の手入をすることは不可能と言えます。その為、専門の業者に作業を依頼する必要があるでしょう。基本的に間伐とは、木の間引きのことです。森林に苗木を植え、成長すると林の中で木々が密集します。木々が密集することで、枝葉が重なり合うため、うまく光合成ができずに成長を妨げてしまうのです。また、葉や枝が重なり合うことで、地面に日光が届かなくなってしまいます。日光が地面まで届かなくなると他の草木が芽を出しても十分に日光を浴びることができないので、成長できずに死んでしまうでしょう。その結果、森林自体が死んでしまうことになります。それを防ぐ為に行うのが間伐なのです。木を間引き隙間を空けることで、地面まで日光が届くようになります。木々同士で成長を阻害することもなくなり、森林の環境を守ることができるのです。この作業は単純に木を着るだけではなく、経験や技術を要します。どの位木を間引くかは経験と知識がなければいけません。個人で行うことはまず無理なのです。環境保全以外にも、山などの土地の価値にも影響を与えます。森林の管理を考えている方は、専門の業者に間伐を依頼しましょう。